弁護士へ相談

交通事故の被害に遭った場合には、どのような対処法をしている人が多いのでしょうか。物損事故であれば、警察に現場検証をしてもらってから、その場で被害者と加害者が示談を行い、車の修理代などを支払って終わることが多いでしょう。それに対して人身事故の場合には、被害者は加害者が加入している保険会社と交渉を行って、慰謝料などを支払ってもらうようになるのが一般的です。しかし、保険会社は少しでも保険料の支払いを少なくしようとします。

そのため、被害者にも非があったのではないかと言われ、少しでも支払額を下げてくることが多いでしょう。保険会社は交渉のプロなので、一般の人ではうまく交渉できない場合もありますし、人身事故の場合には、本人が入院をしてしまうこともあるので、代理で家族が交渉することもあります。そこで重要なのが弁護士に交渉をしてもらうという方法です。当然弁護士も交渉のプロなので、代わりに交渉をしてもらえれば強い味方になるでしょう。

ただし注意点もいくつかあります。それは信頼できる弁護士に依頼すること、交通事故に関しての知識が豊富な弁護士に依頼すること、経験が豊富な弁護士に依頼すること、被害者の相談に対して親身になってくれることです。依頼する弁護士によって、支払われる保険料が変わってくることも珍しくはありません。それほど弁護士選びは重要なのです。当サイトでは人身事故が発生した場合、弁護士に相談をすることで得られるメリットについて紹介させていただきます。