支払額が増額

もし交通事故で後遺症が残ってしまった場合には、慰謝料を請求できるようになるのですが、このときに弁護士に相談をすることで、いろいろなメリットがあるのです。どのようなメリットがあるのかというと、最も大きなメリットは、高い慰謝料を請求できるという点でしょう。なぜ弁護士に頼むことで高い慰謝料を請求できるのかというと、基準額の設定が影響しています

基準額というのは、認定された等級に応じてもらえる慰謝料のことで、自賠責保険基準と任意保険基準、そして裁判基準が存在しています。この中で最も基準額が高くなっているのが裁判基準なのです。弁護士に依頼することで、裁判基準で慰謝料の請求ができるようになることから、後遺症になったら弁護士に相談をすることで、より高い請求ができるようになるのです。

しかし、弁護士に依頼するということは、弁護士への支払い金額も検討しておく必要があります。弁護士の場合には、成功報酬によって支払金額が変わってくるので、その分を裁判基準では増額していると言えるでしょう。ようするに弁護士への支払い請求分を上乗せしているのです。よって残った金額は、任意保険基準とそれほど変わりませんが、スムーズに慰謝料の請求を行うためには、弁護士の助けが必要になります。