等級認定が有利になる

後遺症になった場合に弁護士へ相談するメリットは、慰謝料の請求額が上がるというのが最も大きなメリットです。その理由は裁判基準での支払いが可能になるからと別の項目でも紹介しているのですが、他にもメリットがあります。それは後遺症認定を行うときに、より認定されやすくなることや、上の等級に認定してもらいやすくなるという点でしょう。後遺症の場合には、14級から1級まで等級が定められています。ちなみに、後遺症認定について交通事故被害者救済サイトでは、後遺症の症状や等級などについて詳細を記載しています。参考にしてみてはいかがでしょうか。

しかし、この等級認定というのは、医師の診断書や損害保険料率算出機構での審査が重要になるのです。そこで医師の診断書作成時に、より等級が上になる、もしくは審査で認定されやすくなるように交渉をしてくれます。よって弁護士に依頼すれば、より上の等級に認定されやすくなるだけではなく、後遺症認定の審査に通りやすくなると言えるのです。

ただし、1度認定されてまた改めて審査を行う場合には、たとえ弁護士に依頼したとしても、覆すのは難しくなるでしょう。そのため、最初の段階で弁護士に依頼すると共に、よりよい医師が在籍している病院で後遺症の治療を受けることが重要になるのです。そうすれば後遺症の治療もしっかりと行える可能性が高くなりますし、より多くの慰謝料を請求できるようになるでしょう。