等級認定が有利になる

後遺症になった場合に弁護士へ相談するメリットは、慰謝料の請求額が上がるというのが最も大きなメリットです。その理由は裁判基準での支払いが可能になるからと別の項目でも紹介しているのですが、他にもメリットがあります。それは後遺症認定を行うときに、より認定されやすくなることや、上の等級に認定してもらいやすくなるという点でしょう。後遺症の場合には、14級から1級まで等級が定められています。ちなみに、後遺症認定について交通事故被害者救済サイトでは、後遺症の症状や等級などについて詳細を記載しています。参考にしてみてはいかがでしょうか。

しかし、この等級認定というのは、医師の診断書や損害保険料率算出機構での審査が重要になるのです。そこで医師の診断書作成時に、より等級が上になる、もしくは審査で認定されやすくなるように交渉をしてくれます。よって弁護士に依頼すれば、より上の等級に認定されやすくなるだけではなく、後遺症認定の審査に通りやすくなると言えるのです。

ただし、1度認定されてまた改めて審査を行う場合には、たとえ弁護士に依頼したとしても、覆すのは難しくなるでしょう。そのため、最初の段階で弁護士に依頼すると共に、よりよい医師が在籍している病院で後遺症の治療を受けることが重要になるのです。そうすれば後遺症の治療もしっかりと行える可能性が高くなりますし、より多くの慰謝料を請求できるようになるでしょう。

支払額が増額

もし交通事故で後遺症が残ってしまった場合には、慰謝料を請求できるようになるのですが、このときに弁護士に相談をすることで、いろいろなメリットがあるのです。どのようなメリットがあるのかというと、最も大きなメリットは、高い慰謝料を請求できるという点でしょう。なぜ弁護士に頼むことで高い慰謝料を請求できるのかというと、基準額の設定が影響しています

基準額というのは、認定された等級に応じてもらえる慰謝料のことで、自賠責保険基準と任意保険基準、そして裁判基準が存在しています。この中で最も基準額が高くなっているのが裁判基準なのです。弁護士に依頼することで、裁判基準で慰謝料の請求ができるようになることから、後遺症になったら弁護士に相談をすることで、より高い請求ができるようになるのです。

しかし、弁護士に依頼するということは、弁護士への支払い金額も検討しておく必要があります。弁護士の場合には、成功報酬によって支払金額が変わってくるので、その分を裁判基準では増額していると言えるでしょう。ようするに弁護士への支払い請求分を上乗せしているのです。よって残った金額は、任意保険基準とそれほど変わりませんが、スムーズに慰謝料の請求を行うためには、弁護士の助けが必要になります。

弁護士へ相談

交通事故の被害に遭った場合には、どのような対処法をしている人が多いのでしょうか。物損事故であれば、警察に現場検証をしてもらってから、その場で被害者と加害者が示談を行い、車の修理代などを支払って終わることが多いでしょう。それに対して人身事故の場合には、被害者は加害者が加入している保険会社と交渉を行って、慰謝料などを支払ってもらうようになるのが一般的です。しかし、保険会社は少しでも保険料の支払いを少なくしようとします。

そのため、被害者にも非があったのではないかと言われ、少しでも支払額を下げてくることが多いでしょう。保険会社は交渉のプロなので、一般の人ではうまく交渉できない場合もありますし、人身事故の場合には、本人が入院をしてしまうこともあるので、代理で家族が交渉することもあります。そこで重要なのが弁護士に交渉をしてもらうという方法です。当然弁護士も交渉のプロなので、代わりに交渉をしてもらえれば強い味方になるでしょう。

ただし注意点もいくつかあります。それは信頼できる弁護士に依頼すること、交通事故に関しての知識が豊富な弁護士に依頼すること、経験が豊富な弁護士に依頼すること、被害者の相談に対して親身になってくれることです。依頼する弁護士によって、支払われる保険料が変わってくることも珍しくはありません。それほど弁護士選びは重要なのです。当サイトでは人身事故が発生した場合、弁護士に相談をすることで得られるメリットについて紹介させていただきます。